ホットクックでパスタ/ペンネと具材を同時調理するときの最適解

この最適解さえあればもうレシピに頼らず、速攻で栄養満点おいしいパスタが調理可能です!まるでインスタント食品のような手軽さ。離乳食にもおすすめ。
付属レシピのスープパスタのような水分の多いパスタではなく、フライパンで調理したようなパスタです。

早速ですが最適解は…

①パスタ(もしくはペンネ)を一番最初に内釜へ入れること
以下ペンネのことも含めてパスタとまとめて呼びますね

②パスタの重さの倍の重さの水を入れること
例えば100gのパスタなら200gの水を入れます!

この2点を守るだけ!

調理

あとはもう適当にお好みの野菜やたんぱく質を投入し、パスタと具材と水の総重量×0.006gの塩、もしくは×0.05gの味噌などを加えて味付け我が家はいつも×0.004gで作っています!

ホットクックにまぜ技ユニットをセットし、【スープパスタ】でスタート!

例えば、トマト缶+きのこ類+玉ねぎ+ツナ…など、いろいろ例を挙げようかなと思ったのですが、どんな具材でもおいしいですし、いつも何も考えず適当に作っているので返って難しい…
それくらい簡単なので是非お試しください。

メモ

玉ねぎなど水分の多い食材を加えた場合は少し水分を減らしても大丈夫です。

この調理でパスタ同士がくっついてしまったりしたことはありませんが、心配な場合はパスタにオリーブオイルをまぶしてみてください。
わたしは忘れなかったときはオリーブオイルスプレーをふぁーっと吹きかけています!

現在1歳8か月の娘は、大体一日一食はこの超簡単調理で野菜たっぷりのペンネを食べています。もっと小さいころは、調理完了後、大人の分を先に取り出し、娘の分は加熱時間を5分ほど延長し、ペンネも野菜も軟らかめにして提供していました。
実働5分もかからずに出来ますし、手づかみ食べもしやすいですよ。

手抜き調理でよくやるのが、水の代わりに残り物の野菜スープやみそ汁などを加えての調理。パスタが野菜の栄養たっぷりのスープを吸い込むのでおいしいですし、野菜嫌いの幼児食にもおすすめです。

こちらは新型。

我が家では旧型を愛用中です!

created by Rinker
¥59,507 (2024/02/23 23:52:47時点 楽天市場調べ-詳細)

塩の軽量にはこちらのタニタのデジタルキッチンスケールを使用しています。0.1g単位で計量できる優れもの。

【送料無料】デジタルスケール タニタ 最小計量0.1g 最大計量3kg クッキングスケール 料理・パン・お菓子作りに【RCP】TANITA KD-320-WH

コメント

タイトルとURLをコピーしました